ファクタリングとビジネスローンはどう違う?

資金繰りの味方?ビジネスローンとファクタリング

経営者を悩ませる資金繰り

一般的なカードローンなどは事業資金として借りたお金を使用することは禁じられています。 その逆で、事業資金としての利用に目的を絞ったローンがビジネスローンです。 銀行や信販会社、消費者金融などの多くの企業が取り扱っており、審査ハードルの高さ、融資までの時間、金利なども様々です。

事業資金利用に絞った金融商品

会社の収入と支出のバランスを観察することで、将来に発生する可能性のある資金不足を予測し、充分な資金を前もって準備すること、それが資金繰りということです。
「資金」とは、現金や普通預金、当座預金などの預金類やコマーシャルペーパー(無担保の約束手形)、公社債投資信託など、すぐに支払いに回せる物をいいます。
そのため、「資金」はよく人間の体で言えば血液にたとえられます。
この流れが途絶えてしまうと、生命活動を続けることができなくなります。
会社お場合は、これは倒産を意味します。
ですから、経営者としては、売り上げを増やし、利益を挙げること以上に、毎月の資金繰りが非常に重要なのです。
帳簿上では利益が出ていて、黒字であるとしても、売掛金の回収が遅れたり、突発的な設備投資が発生していれば、資金が不足している、つまり、資金繰りがうまくいっていない状況となります。
この資金状況をいち早く把握し、近い将来にやってくる、取引先への支払いや従業員への支払いへの準備をしておかないと、会社として最も大切な「信用」というものを失ってしまうことになります。
現在手元にある「資金」を把握し、将来発生すると考えられる支出を予測し、「資金繰り表」を作成することで、資金繰り計画を視覚化することができます。
「資金繰り表」を元に、まだ資金化されていない資産を見直し、支払いの準備に備えることもできるようになります。
それでも、不足してしまう可能性がある場合は、金融機関などからの資金調達を検討する必要があります。
そんな時に力強い味方となってくれるのが、ビジネスローンやファクタリングなど、短期の借入が可能なサービスでしょう。

資金繰りの鍵となる売掛金

企業の事業活動の中で、商品やサービスを販売した対価を実際の収入として回収すること、つまり、売掛金の回収は非常に重要です。 売掛金とは売り上げを将来に金銭として受け取る権利の事です。 回収して初めて資金になるものですから、確実に受け取ることが重要です。

ビジネスローンとファクタリングの選び方

審査の時間が短く、ハードルも低いビジネスローンとファクタリング。 大きな違いは、ビジネスローンは借り入れであり、返済が必要であること、 ファクタリングは借り入れではないため、返済の必要がないことが上げられます。 一見すると、ファクタリングの方が返済がない分、利用しやすいように思えますが。

TOPへ戻る