資金繰りの味方?ビジネスローンとファクタリング

>

経営者を悩ませる資金繰り

ビジネスローンで借りられる金額

ビジネスローンは法人はもちろん、個人事業主でも利用することができます。
ただし年齢制限があり、代表者の年齢が満20歳以上で満69最以下となっていることが多いです。
申し込む前には確認が必要です。
提供している金融機関によって融資上限にも幅があります。
銀行の中でもメガバンクと言われる規模の大きな銀行では1億円程度を上限としているものもありますが、審査のハードルはその分高めです。
地方銀行や信用金庫などでは300万~5000万円程のものが多いようです。
信販会社や消費者金融のおこなっているものではおおむね1000万円程度が上限とされているところが多いようです。
上限金額が低くなるにつれて、審査のハードルは低くなる傾向にあります。

一般的融資よりも借りやすい?

銀行の融資といえば、ビジネスローンよりも高額の融資が可能である反面、中小企業や個人事業主では審査が通りにくいという印象があります。
規模の小さい事業主には融資が下りない、ということはありませんが、融資実行までに時間がかかることや、審査自体が厳しいというのは現実問題としてあります。
資金調達を希望している事業主は、一刻も早く融資の実行を求めていることが多いので、そういった需要にマッチしているのはビジネスローンになります。
銀行融資に比べ、金利が高めである、というデメリットはありますが、審査が銀行融資に比べ通りやすい、また、融資実行までの期間が短いというメリットがあります。
銀行よりも信販会社や消費者金融の方が審査が通りやすく、金利が高め、という傾向にあります。


この記事をシェアする

TOPへ戻る