資金繰りの味方?ビジネスローンとファクタリング

>

ビジネスローンとファクタリングの選び方

手続き費用がリーズナブルなのは

ファクタリングもビジネスローンも、利用の際には、手数料や金利以外にも費用が発生します。
たとえば、ビジネスローンでは、印紙、事務取扱手数料、割引手形取立手数料などが必要になります。
また、担保を供する場合は、その関連費用として数十万円余計にかかることがありますので、検討の際には注意しましょう。
一方ファクタリングでは、基本的には手数料のみですが、特に2社間ファクタリングの場合は、債権譲渡登記に必要な費用が追加でかかる場合もあります。
こちらも手続きの前に確認しておきましょう。
債権の個数が5000個以下の場合、1件につき7500円、5000個を超える場合は1件につき15000円程かかります。
こう見ると、費用面ではファクタリングの方が安く済みそうですね。

審査で重要になるポイントは

ビジネスローンは貸付です。
貸し付ける相手、つまり、申し込んだ企業がちゃんとお金を返せる財務状況かが重要になります。
一方、ファクタリングは、売掛先である企業の信用力が重要になります。
売掛の債権を買い取ったものの、売掛金が支払わらなければ、ファクタリング会社にお金が入ってくることがないからです。
財務諸表においては、ビジネスローンは借り入れなので「負債」に計上されますが、ファクタリングの場合は、「資産」である売掛金が減少することになります。
売掛金は、現金かされないと「資金」にはなりませんので、経理上売掛金が大きいままだと、倒産のリスクが懸念され、銀行や投資家からの印象が悪くなります。
ファクタリングは、売掛金を予定より早く現金化できるため、財務諸表上見た目が良くなるというメリットもあります。
現在の状況だけでなく、将来の会社への影響も視野に入れて検討することが大切です。


この記事をシェアする

TOPへ戻る